読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手のことをイメージして準備する、ということ


本当に久しぶりに大先輩の伊藤さんとゆっくり話をすることができた。たしか僕よりも25歳年上だから本当に大先輩なんだけど、年齢差を感じさせずに付き合ってくれるところに懐の深さを感じる。ちょうど僕がいる会社も随分と人数が増え、個人商店の集まりから本当の組織としての強さに変革しないといけない時期に差し掛かっていて、その一つとして人事評価や評価軸のことで相談させてもらった。


事前にメールでのやり取りをしていたんだけど、やっぱり微妙な部分は限界があるし、しばらくお会いしていないこともあり、『会いましょう』とお誘いしたところ快諾いただいて今日になった。『さすがだなあ』と思ったのは事前に資料をかなり用意されていて、その資料を一つ一つ丁寧に説明してくれ、僕が疑問に思ったことはすべて即答してくれた。質問に回答することは1000人からの長を務めた人なので経験からできることだと思うけど、資料を自身で準備してくれる気遣いは本当に凄いと思う(範囲も量も想像を超えたレベルで)。大組織の時代は秘書や部下に指示すれば揃ったものも、同じかそれ以上のことを自分自身でこなしてしまうところにはだただた脱帽、という感じ。見習うべきというか、非常に参考になるロールモデルが身近にあることに感謝しないといけない。


 


一通りのディスカションの後、『一献』の時間に。オフィスが麹町だったので市ヶ谷に場所を移して目的のお店へ。市ヶ谷は僕の最初の会社があったところもでもあり、馴染みがある場所なんだけど随分と立ち並ぶお店は変わっていた。駅前を通り過ぎ、一口坂方面に向かって中に入ったところにある『あて 煮込 肴』というお店に。普通に歩いていたらそこがお店とは気付かないかも知れない。古い民家を改造した感じの造りになっている。そう言えば、この近くには『ミートショップ うちの』というお肉屋さんがあってメンチやカツのお弁当が美味しくて安かった(決して、安くて美味しいではなく、美味しいが先にくる)。20年も経つのにその味はしっかりと記憶されている。


『あて 煮込 肴』は日本酒が充実していること、肴がうまい、という点は太鼓判を押せる。日本酒は冷やしてあるものと常温を用意しているらしく、この辺のこだわり感も伺える。最初は『醸し人九平次』をお願いしたんだけど、残念ながら品切れだった・・・・。伊藤さんが今年は北欧を旅する予定なこと、サッカーの話題(FC東京のソシオでもある)ではかなり細かい部分の議論ができた。それにしてもその話題のカバー範囲と知識の深さには驚きの連続。


もう一つの驚きは伊藤さんの甥っ子が僕の高校の同級生だったこと。それもよく知っている・・・。こういう偶然も不思議とあるものだなあ、再確認できた時間でもあった。


是非また近いうちにお会いしましょう。


 


今日のお店


『あて 煮込 肴』


最寄り駅:JR/都営新宿線 市ヶ谷駅


住所:千代田区九段南4-8-34


TEL:03-3262-0044


営業時間:17:00 - 23:30 (ランチ 11:30 - 14:00)


定休日:日曜