読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blue-spec CDは最高だぜ! 『PUBLIC PRESSURE』 Yellow Magic Orchestra


古いアルバムでも今の技術によって高音質で聴きたいものがいくつかある。中にはリマスタリングして再リリースしてくれるものもある。意外と音に対するこだわりはある方で、松田聖子のLPもマスター・サウンド盤を買っていた(中学生の頃ね)。でも1枚だけリマスタリングしていいよ、って言われたら間違いなくこれを選ぶ。Yellow Magic OrchestraYMO)の『PUBLIC PLESSURE』だ。言わずと知れたYMOが出した最初のライブアルバムで、過去に僕はLP、CDの両方を買っている。LPは当時一番高いカセットテープTDKのMA-Rにダビングして聴き、CDを購入した時にはCDの技術に感謝したものである(ちなみにCDは2回購入している)。そして今回、Blue-spec CDの『PUBLIC PLESSURE』を購入した。実際に持っていたCDの音と聴き比べた(93年にリリースされたデジタル・リマスタリングされたものではなく、その前のCD)。はっきり言って、ビックリした。『Rydeen』にしても『Tong Poo』にしても重なっている音が違って別テイクに聴こえる。直ぐに違いが分かるのは、ライブ盤なので「拍手」、そしてキーボードの高いキーの部分。何度も古いバージョンを聴き、今回のBlue-spec CD盤を聴く、ということを繰り返してしまった(笑)。




"パブリック・プレッシャー(紙ジャケット仕様)" (YELLOW MAGIC ORCHESTRA)


 


Blue-spec CDと言うのは、ソニーがBlue-rayの技術を応用して開発した高音質CDで従来のプレーヤーで再生できるところが大きな特徴。これまでにもSACDなど高音質CDはリリースされていたけど、その恩恵に与るには専用のプレーヤーが必要になり、音楽を聴く場所が過去のように部屋の中で・・・という状況ではない現在では普及はしていない。今のBlue-rayのように技術の進化とプレーヤーの普及が同時であれば別だけど、CDプレーヤーのように普及しきってしまった技術のプレーヤーのリプレイスはかなり厳しいものがある。


一方、このBlue-spec CDは従来のプレーヤーで十分にその違いを堪能でき、ヘッドホンのランクを上げれば更に違いを感じることができる。


 


話を『PUBLIC PLESSURE』に戻すと、音源は2003年盤のデジタル・リマスタリングを採用している。収録曲も変わらず、以下の9曲。



  1. Rydeen

  2. Solid State Survivor

  3. Tong Poo/東風

  4. The End Of Asia

  5. Cosmic Surfin'

  6. Day Tripper

  7. Radio Junk

  8. La Femme Chinoise/中国女

  9. Back In Tokyo


中でも僕は『La Femme Chinoise』が大好きなので、今回のBlue-spec CDでこの曲を聴いた時には鳥肌が立った。そもそもアルバムとしての完成度が高い上、高音質で復活させてくれたことに感謝。ダウンロード全盛時代(僕はアルバム派だけど)に価値あるチャレンジだと思う。でも、このBlue-spec CD盤の『PUBLIC PLESSURE』は紙ジャケ仕様で、完全生産限定盤とのことなので気になる方は早めに購入された方がいいですよ。本当に違いが分かります。で、僕はiTunesApple losslessフォーマットにしたので、外でiPhoneで聴きますよ。