読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはかなり快適! iPad with Apple Wireless Keyboard


元々そういうつもりは無かったんだけど、Apple Wireless Keyboardを持ち出すようになったため、iPadで長文を書くようになった。この文章もiPadで書いている。MacBookと違って日本語入力エンジンにATOKがあるわけではないので、ちょっとどうかな・・・と思っていたが意外といけるものである。ただし、iPadのクセがあるので注意は必要だけど。


 

iTextPad_logo


まず最初に必要だったのは「エディタ」を何にするか。いろいろ調べてみると『iText Pad』が良さそうだったので、早速購入してみた。そう、この文章もiText Padを利用している。僕はブログの原稿を書く時に文字数だけは意識している。多少のバラつきはあるものの、800字〜1200字ぐらいに収めるようにしている。それは、あまり長い文章は読んでいてツライし、800字〜1200字ぐらいだと流し読みもしやすい量だと思っているから。自分自身への課題としては、特定のボリュームで内容をまとめる訓練にもなるだろう、という自分ルールとして設定している。


 

iText Pad_1


そういう意味では僕にとってエディタに求める条件の一つとして文字数カウントができること。MacBookではCotEditorを使っているので画面下に自動で文字数が出てくるんだけど、『iText Pad』は書きかけの文章を一度保存し(完了ボタンを押す)、情報ボタンをタップして文字数を確認する必要がある。

iText Pad_2


 


iPadApple Wireless Keyboardを外部キーボードとして利用すると当然ながらソフトキーボードが表示されず、iPadの画面を最大限利用できる。そして本物のキーボードで書いているので、本当に快適に文章を書くことができる。そして外部キーボードを使った時の一番の違いは矢印キーを利用したコピー&ペースト。画面を触りながら範囲を選択する煩わしさは全くない。これだけでも相当に効率的である。


あ、気付くと『iText Pad』の機能に関しては全然触れていないな・・・・。機能はオフィシャルページを見てください。


関連:


iText Pad