読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ本物の音楽が中心になってもいいんじゃない

Life


ちょっと前に小比類巻かほるのことを書いたけど、あれから過去のCDをかなり手に入れたんだよね。特にLive盤は本当に『歌がうまいな』と感じる。CDで聴くとうまい人だな、と感じたけど、Live盤を聴いて『え?』ってアーティストは結構いる(小比類巻かほるの曲をカバーした某アーティストと比較すれば歴然)。ここに名前は書かないけどね。ちょうど前のエントリーで書いた『オーダーメイドファクトリー』が2ndステージに到達した、というメールももらったので今日は音楽ネタで(もちろん予約もしましたよ)。


『オーダーメイドファクトリー』の方はこれで本当の予約のステータスで、予約枚数に達すれば予約数分だけ生産されるって仕組み。是非、実現して欲しい。


 


本題に。


いい曲が長く聴かれるように、アーティストも本物は熟成されるのではないかと思っている。ウイスキーと同じようにね。大好きな角松敏生は別格で、それ以外でもYouTubeで確認することができる。


まず一人目は吉川晃司。若い頃も独特の歌い方で一世を風靡したけど、歳を重ねてからの方が味わいが大きくなっている。実はCDも結構持っていて、歌のうまさは確信していたんだけどこういうLive映像を見るとまた違った良さを感じる。



 


次はやっぱり浜田麻理かな。


歌の上手さはもう別格ですね。『歌姫』ってこういう人を言うんじゃないかな。コーラスを担当している妹のERIの声が重なるラスト部分は鳥肌もの。



 


そして最後はこのユニット。


西寺実』は「EARTHSHAKER」の西田昌史、「SHOW-YA」の寺田恵子、「LOUDNESS」の二井原実の3人が組んだ好きな人にはたまらない超贅沢なユニット。中でも、このアン・ルイスの『あゝ無情』はすごい仕上がり。元々、アン・ルイス自身がメチャメチャ上手いアーティストなのでオリジナルに対抗できるのはそうそういない。それを3人のヴォーカルで全く違う『あゝ無情』を作り出した。偶然YouTubeでこのPVを見て、CDを買っちゃいました。でも正直いうと、CDよりもこの映像もある方が良さが格段に上ですね。



 


おまけ。


今でもこのバンドのCDを持っているんだけど早過ぎたのかな。



 


関連:


[Life]こういう大人買いはしちゃうな Sony Musicの『オーダーメイドファクトリー』 2010-10-31