Thing

あなたのその服って『やる気スイッチ』が入りますか?

夏前に断捨離でなにも感じない服を大量に処分したんだよね。結構な量で、そのほとんどはユニクロの服だった。その山を見た時に、「これから服を買う時は自分の心が感じないものは買わないようにしよう」と誓った。その後、最初に買った服はGAPなんだけど、…

mixbeatは何をするところなんだろう

3年前から関わっているmixbeatの4期生の募集が始まっています。実はこれまでに比べて反応が鈍い。要因はいろいろあると思うけど、セミナーや勉強会がすごく増えたりしているなど外的要因だけではないと思っている。でも、何となくうまく表現というか説明がし…

子供にとっての予習・復習の将来

子供の頃は納得がいく理由を得られず、大人になってから経験でその意味が分かることは結構多いと思う。最近では子供の頃によく言われた『予習・復習』の意義を痛切に感じている。僕の子供時代は宿題はともかく、それ以外の勉強(いわゆる家庭学習っていわれ…

真のチームワークとは

たまにはちょっと仕事を通して感じたことを少しばかり。 とあるクライアントのプロジェクトにアドバイザーとして参画している。アドバイザーと言いながらもスタッフの一員としてタスクもミッションも持っている。会社の中で常に顔を合わせているわけではない…

何がストレスだったのか

一人で仕事をするようになってよく分かったのはスケジュールを自分の意志で決められること。自分の意志とは無関係に、勝手に予定を組み込まれていたことが本当にストレスだったことがよく分かった。グループウェアとか共有カレンダーの弊害だね。共有カレン…

果たしてうまくいくのか 米国マクドナルドのヘルシーメニュー

「肥満大国」改善へ…米外食で健康メニュー続々 米国の小売り大手や外食チェーンが、相次いで「健康」に配慮した食品の販売強化を打ち出している。 「肥満大国」とされる米国では、生活習慣病に伴う医療費の負担が家計や財政圧迫の一因になっているからで、米…

『吉野家』らしさって

吉野家ファンとしてちょっとした疑問というか「どうなの?」というのが『セット』。僕が吉野家に行って周りの人の注文を見聞きしても10人に1人いればいいぐらいの感じ。最近は価格の力か牛鍋丼を注文する人が多く、吉野家ファンっぽい感じの人(と僕が勝手に…

『IT活用』のいい事例・・・かな

こういう手があったか、と思わず写真に撮ってしまった。焼鳥屋や鉄板焼屋をチェーン展開するイデアが提供するサービスの一つ。僕が見かけたのは宮崎地鶏炭火焼き「車」の一店舗。宮崎出身の三宅さんと一緒に行ったのがきっかけでチェーン店ではあるもののお…

『就活』記事を読みながら

最近、新聞の特集でも『就活』が大きなページ数を割いている。特集といっても単発ではなく、ほぼ連載のように企業の人事担当者や新聞社の役職者のインタビューやコメントが書かれている。想像以上に大変なのだろうと思う。僕が大学を卒業して就職した時期は…

ソーシャル・ゲームとの付き合い方

ガラケーを持っていないのでソーシャルゲームで大きな売上を上げているモバゲー(DeNA)やGREEのイメージが付かなかった(成長理由ね)。そこで、Facebookの『FarmVille』と『CityVille』を積極的にやってみた。『FarmVille』は農場育成ゲームであり、『City…

今年はどんな年?

いつもこのブログを見ていただいている方々、明けましておめでとうございます。今年も何か気になったことはできる限り文章に残していきたいと考えていますので引き続きお付き合いくださいませ。 普段からあまりTVを見ない生活のためか、子供の頃に感じていた…

マクドナルドの宅配サービスの可能性と課題

またまたマクドナルドが新たなチャレンジ『宅配サービス』に挑む姿勢を打ち出した。過去にブログでも何回かマクドナルドのトピックは書いているけど、この新しいサービスに対する可能性と課題を考えてみたい。 まず可能性という部分を考えてみると、2010年は…

『折込チラシ』の性格

『プロモーションの最適化』 マーケター+ジャズ・シンガー はせれいのブログは楽しんで読ませてもらっているんだけど、ちょっと相乗りして考えてみたい。折込チラシはその元となる新聞が何かで反応が違う、という結果なんだけど、『そうだろうな』という部…

本当に必要? 『Tカードはお持ちじゃないですか?』ってひと言

ドトールやファミリーマートに行くと必ず『Tカードはお持ちじゃないですか?』と聞かれる。その度に『いいえ』と答えている(もちろんカードは持っている)。確かTカードって3500万枚以上発行しているって話なので、事実上カードが作れて利用可能な人はほぼ…

ちょっとのミスが大きな失敗に繋がる可能性 ある出版社のセールスプロモーション

電子書籍が話題に上らない日がない今日この頃、リアルな本のプロモーションでこんな『手があったか』という話題を。それも書店ではなく、出版社主導のプロモーション。これはマーケティングじゃなくて、セールスね。 出版社はフォレスト出版。ちょうど1年前…

本当の理由はそうなのかな 読売新聞『いきなり「文庫版」 理由は』 2010年10月8日

いきなり「文庫版」 理由は ミステリー作家の東野圭吾さんの新作を「いきなり文庫」とうたって、文庫版で出す試みが話題だ。単行本で数十万部を売り上げる人気作家が、最初から廉価版で出すのはなぜ? この本はスキー場を舞台にしたサスペンス小説「白銀ジャ…

時間に対する意識を変える

数日前から金木犀の香りを感じるようになった。やっぱり秋なんですね。自分のブログをチェックしたら、2008年は9月29日に金木犀のことに触れている。『今年は猛暑だった』と特別な夏のイメージだけど植物の時間感覚は本当に正確ですね。 この1ヶ月半は時間の…

ノウハウ系ビジネスの読み方

"コンサルタントの「現場力」 どんな仕事にも役立つ! プロのマインド&スキル (PHPビジネス新書)" (野口 吉昭) 実はこの本は最初の3分の1は通常の読み方をして、残りの3分の2を15分で読むというイレギュラーな読み方をしてみた。それでも内容の本筋は把握でき…

五感に訴える『紙』の本

先日実家に帰った時に親父と話した話題の一つが、本が『紙』であることの良さに関して。特に五感に対して訴える力は明らかに紙の本の方が強いだろう、と。かつて音楽がLPという30センチサイズのレコードであった時、その入れ物としてジャケットが存在し、そ…

この決断は結果はどうなるのだろう スタバの出店、低価格戦略

スタバが反転攻勢 年60店出店、低価格メニューで集客 コーヒーチェーン最大手、スターバックスコーヒージャパンが出店や低価格戦略で攻勢に転じる。2011年度から年間最大60店を出店し、手薄だった郊外へ店舗網を広げる。また2杯目のコーヒーを100円にする…

フェアなビジネス

本物か偽物か、フェアかアンフェアか 『赤面黒歴史』 2010-07-31 ずいぶん前のエントリーだけどGoogleリーダーでスターを付けていて気になっていた。 僕も長いこと営業あるいは営業的な仕事をしてきているからいつの間にか『煽る』トークをしている時がある…

もう少し真面目に考えるべきなんじゃないの?

僕が住んでいる狛江市が「市制施行40周年記念」ということで、今日からTwitterでつぶやき始めたそうです。紹介欄にはこう書かれています。 自己紹介 狛江市は平成22年10月1日に市制施行40周年を迎えます。40周年記念事業の関連情報のつぶやきを通じて、狛江…

話題便乗ではなく、本当にそう思う

年間にそれなりの数の本を読んでいると『どうしてこの本とこの本の値段が一緒なんだろうか』と疑問に思うことが結構ある。最近では新書にその傾向が多い。一時期は各社文庫を出版し、数年前からは単行本よりも手軽で一つのテーマに絞って書かれた新書が量産…

iPhone x iPadの能力を引き出すには

この文章を書くために2回アプリがクラッシュして内容は失われ、毎回違う内容になっているけど3度目の挑戦はうまくいくことを期待したい(ちなみに今回も3度クラッシュした)。 昨日書いた『iPhone×iPad クリエイティブ仕事術』の存在を知ったのはTwitterのTL…

ライブ音源という可能性

では昨日の続きを。 利用者側の『聴く環境』の変化やデバイス、入手チャネルの多様化によって従来型の音楽メディア提供ビジネスが難しくなってきているのは昨今のニュースを見ても自明である。では、策はないのか、といえばそうとも言えないのではないか、と…

音楽に触れる機会の減少がもたらすもの

先日、最初の会社の先輩と議論していた音楽に関するネタを書いておこう。 その時にはいろいろな話題で話をしていたんだけど、特に音楽に関して言えば『接触機会』が少ないこと、がテーマになっていた。かつてTVでもラジオでも音楽番組なかなりの数が放送され…

信頼関係を築くということは

月曜日、最初の会社の先輩と一緒に食事をしながらいろいろな話をした。この先輩とは直接仕事をした経験はないけど(僕が入社した時には先輩は既に辞めていた)、全くもって話題に詰まることなく、あっという間に時間が過ぎていった。(最初の会社は軍隊みた…

コミュニケーションツールとしてのメルマガ 『ソニー』

普段どれぐらいの数のメルマガが届けられ、どれぐらいの数のメルマガが読まれずに削除されているんだろうか。以前は僕のところにもたくさんのメルマガが来ていたけど、そのほとんどを配信停止にしたお陰で多くの無意味なメルマガを受信しなくて済むようにな…

思わず笑ってしまった真面目な寄稿文 読売新聞『地球を読む 報道の電子化』2010年8月8日付

最初に僕の立場を明確にしておこう。僕は新聞肯定派であるし、一人暮らしの時も、そして今も新聞を購読しているし、好きなメディアである。TVを見る時間は極端に減ったものの新聞は朝刊・夕刊問わず、できる限り目を通すようにしている。ここ暫くは読売新聞…

電子書籍としての『歌うクジラ』を考えてみる

今回のエントリーは『歌うクジラ』の内容に関しては全く言及していない。電子書籍の作品としての感想だけを書いてみる。 関連:村上龍 歌うクジラ on WEB 今年はあちこちで『電子書籍元年』という言葉を見かける。AppleがiPadをリリースし、プラスしてiBooks…

ユーザと向き合うマーケティング

昨日の続きってわけじゃないけど、『THE WALL STREET JOURNAL』にこれからの新聞のあり方のヒントに思える部分があったので書いておきます。 通常の新聞記事は記者が取材をして記事として掲載するものです。が、『THE WALL STREET JOURNAL』はネットの良さを…

メディアの価値と編集

デパートで驚いたこと 先日、女性雑誌に載っていた服が欲しくなり、取扱店として名前が掲載されていた東京・銀座のデパートへ出かけた。それまで私は、雑誌に取り上げられた服は買わない主義であった。モデルが着ていたのを自分が着ればがっかりするのは目に…

『大人かわいい』って違和感がある

[JMM584Ex3]「ラスベガスで休暇」NEW YORK, 喧噪と静寂 肥和野 佳子:国際税務専門職、ニューヨーク、マンハッタン在住 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 『NEW YORK, 喧噪と静寂』第20回 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「現代女性のト…

音楽の時間軸をなくす、ということ

佐々木俊尚さんの『電子書籍の衝撃』(電子書籍版)を読みながら、ちょっと違った意味で納得してしまったのでメモ的に。 僕が聴く音楽は意外と雑食で、JPopもあればJazzもあり、R&Bもボサノバも同じ感覚で受け入れる。だから僕のiTunesには約8000曲が収まり…

最近レコメンドメールって多いよね

近頃、Amazonからのレコメンドメールが『激しい』。『激しい』と表現したのは、ロジックがあまりにも幼稚で、送られてくる頻度が想像以上に多いことである。 まず幼稚な部分だけど、本で言えば過去に購買がある作家の最新版を単純にレコメンドするだけではな…

本当にターゲットは一緒なのかな?

おサイフケータイ活用、モバゲーユーザーを実店舗へ誘導するアフィリエイトの実証実験 - ITmedia News 2010-04-20 ディー・エヌ・エー(DeNA)とフェリカネットワークスは4月19日、おサイフケータイを活用して「モバゲータウン」のユーザーを実店舗に誘導す…

これってシンクロニシティ?

この間のブログの中には書かなかった部分(書き忘れたわけではなく)を。 筆者の川辺秀美さんは『本が呼びかける』という表現をしていたけど、僕にはよく分かる。というか、そういう『知らせ』を得るために書店に度々行くのかも知れない。だから、書店に寄っ…

セブン&アイのニュースから気になったこと

電子マネー「nanaco」発行1000万突破 セブン&アイの電子マネー「nanaco」発行数が1000万を突破。 セブン&アイ・ホールディングスは3月31日、電子マネー「nanaco」の発行数が1000万を突破したと発表した。nanacoは2007年4月に発行を開始。カードとFeliCa対…

iPhoneアプリ『HUGO BOSS』にみるこれからの顧客アプローチ

毎日気になるiPhoneのアプリはチェックするようにしているんだけど、アプリの意味というか、今後の可能性を考えた時にこれは非常に気になった。ここのところ、毎日のように電子書籍に関するニュースはエントリが増えてきて、フォーマットのことや文字ベース…

『数字の解釈』 x 『デザイン』 x 『写真』

数から意味と意図を読み取る〜事実を言うだけでは価値はない 「データを分析せよと言うと、9割くらいの人は収集したデータから単純に読める事実だけを報告する。しかし、それでは付加価値はゼロ。数字から意味を抽出し、解釈を加えて初めて分析と言えます」…

誰にとってプラスなんだろうか?

HMV、「TSUTAYA」のCCCが買収へ 音楽小売り再編加速 - ITmedia News 正直いって理解に苦しむ買収戦略に感じる。ニュースの内容を見ても、CCCはHMVのリコメンドやECの運営を評価した、と書いているけど、本当にそうなのか疑問が残る。まあ、TOLに比べたらHMV…

『構造化』 x 『デザイン』 x 『思い』

何となくいろいろ整理しないといけないことが頭の中にあって、逆に手が進まない状態かな。その中の一つが今日のテーマ。 連日、境さんのPodcastを聴きながら『構造化』について熟々と考えている。このブログの文章も練習のために意識しながら書いた方がいい…

もはやiPhoneは普通の人が使っている、って意識

最近、iPhoneを使っていて思うのはアプリケーションの品質が著しく低下している気がする。低下しているというのは語弊があるかも知れない。アプリケーションの種類が非常に増えてきたので、そう感じることが多いのかも知れない。たとえば海外製のアプリケー…

結局、オリンピックって誰のためなんだろう

冬季オリンピックも終わり世の中も少し落ち着き始めたので1度ぐらいはオリンピックネタで書いておこう。以前に村上龍氏は『冬季オリンピックは金持ち国だけのイベント』と書いていたように、どの種目もお金がかかるものであることは誰の目から見ても明らかだ…

雑誌の価値って

今までで一番雑誌を購入していたのはちょうど20年ぐらい前で、おそらく多い月には2万円近く雑誌を買っていた気がする。当時は今のようなネットの環境も無いので、情報ソースとしてはやや趣向性が高いものは雑誌に頼わざるを得ない時代でした。僕に限らず、ボ…

『我々の情報提供は役に立っていますか?』って聞けばいいのに

今日のエントリーは一部の人には気分が悪いかもしれないけど、そういう人もいるぐらいの気持ちで読んでください。 ちょっと前のエントリーにも書いたけどメルマガや各社から送られてくるメールの配信停止処理を続けている中でちょっとした特徴があることが分…

『自分で選ばない』ことへの違和感

昨日のエントリーに書いた『多様性』とは逆の感じかも知れないが、近頃よく感じることなので。 iPhone 3Gを使い始めた頃は、よく『iPhoneっていいの?』と聞かれた。最近ではかなり多くの人がiPhoneを使い始めているのでそんなことはない。聞かれるたびに小…

音楽のある生活(後編)

これを聴きながら読んで欲しい。 やがて奥さんがいる生活になると部屋からは音楽が消えていった。音楽は趣味趣向の世界だから、そもそも好きな分野が一緒な訳じゃないし、間違いなくその時に聴きたい音楽はライブでもない限り違うはず。ライブと言えば、かつ…

音楽のある生活(前編)

これを聴きながら読んで欲しい。 かつては部屋の中でもクルマの中でも常にそこに音楽があった。いつの頃からだろうか。結婚してから?子供が生まれてから?いつの間にか音楽はヘッドフォンで聴くことが普通の生活になった。 小学校の頃は枕元にラジオがあっ…

『月額固定料金』ってどうなの?

これはあくまで仮説なんだけど、iPhoneの普及で『月額課金』のビジネスモデルの一部が修正を迫られるのではないか、ということ。どういうことかと言うと、これまでケータイのコンテンツ市場はiモード登場から始まった『月額xxx円』による少額を広くから集め…