今度はテクニック集『最速で最高に魅せるPowerPointプロフェッショナルテクニック』 望月正吾

最速で最高に魅せるPowerPointプロフェッショナルテクニック 技術評論社 僕の場合、仕事でMacに向かっている時間の多くはPowerPointを立ち上げて作業をしている。提案書や企画書であったり、プロジェクトの報告書であったりと、今やPowerPointはプレゼンテー…

社会人2-3年目の人向け『統計学に頼らないデータ分析「超」入門』

本書は著者の柏木さんから献本いただきました。 統計学に頼らないデータ分析「超」入門 ポイントは「データの見方」と「目的・仮説思考」にあり! (サイエンス・アイ新書) Posted with Amakuri 柏木 吉基 SBクリエイティブ Amazonで詳細を見る 柏木さんの本は…

Mac mini FusionDrive化(構築/設定の巻)

前回の続きを。 chibizo0204.hatenadiary.com 構築と一緒にメンテナンスも 準備が整ったところでいよいよFusionDriveを構築する段階に入っていくところだけど、実はこれまでの使用によって思っている以上にホコリを寄せつけている。せっかくなので、このホコ…

Mac mini FusionDrive化(準備の巻)

普段の仕事では2014 MidのMacBook Proの13in. Retinaを使っているけど、自宅では2011 MidのMac miniを使ってる。DropboxをはじめとしたクラウドサービスとOffice365やAdobe CCのようなサブスクリプション契約のおかげでマシンを変更してもそのまま仕事の続き…

出会いはバーカウンターで

プロローグ 美味しいものを口にした時のなんとも言えない幸福感。お店で提供される料理でもお店で買って家で食べるものでも、美味しさは必ずしも味だけではないはず。「誰と」だったり、「どんな時に」だったりと美味しさの周りにある数々のスパイスがその美…

実務でビジネス分析をしている人には是非! 『それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術』 柏木吉基

はじめに これから統計を勉強しようと考えている人にこの本は向きません。「実務者向けの実務書」がこの本の真骨頂ですから。 著者の柏木さんは日産のビジネス改革チームを担当されていたマネージャーで、立場や文化の違う人たちに納得してもらうために編み…

毎日使うからこそ『良いもの』という考え方

たまには仕事絡みのことも 今年の初めぐらいからお仕事でお手伝いしている『MODERE』。Googleで検索するといっぱいネガティブな記事が出てきます。この会社には2つの顔があって、ネットワークビジネスとカスタマーダイレクトの2つのビジネスモデルが存在しま…

予想以上の出来でした!! 『直感に刺さるプレゼンテーション』 望月正吾

"直感に刺さるプレゼンテーション" (望月 正吾) プチ誕生秘話 仕事柄、提案書や企画書など広義のプレゼン資料を書くことが多い。またせっかくプレゼン資料を作らない構成も見た目もカッコいいものに仕上げたい、という思いからこれまでプレゼンに関する本は…

標準偏差…と煙に巻かれないために 『「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本』 柏木吉基

"「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本" (柏木 吉基) ビッグデータやデータサイエンティストというキーワードには食傷気味な今日この頃なんですが、使える分析本が登場しました。前作の「明日からつかえるシンプル統計学」もかなり…

人生観というよりも哲学 『身を捨ててこそ 新・病葉流れて』 白川道

"身を捨ててこそ 新・病葉流れて (幻冬舎文庫)" (白川 道) 白川道の『病葉流れて』は著者の自伝的小説である。これまで三冊の『病葉流れて』が上梓され、その次の時代を『新・病葉流れて』というシリーズでスタートし、本書はその一冊目にあたる。最初の『病…

地味ながらも良い作品だ 『警視庁心理捜査官』 黒崎視音

"警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)" (黒崎 視音) 大晦日から上下巻を一気に読んだ。好き嫌いが分かれそうな文章だが、僕には満足度の高い作品だった。あちこちのレビューを見ると、「ストロベリーナイト」と似ているストーリー」という表現が散見されるが、「…

丁寧な描写が読者を捜査官にする 『捜査官』 末浦広海

"捜査官 (講談社文庫)" (末浦 広海) このレビューを書く前にさらっと他の人の反応を見てみたら賛否両論だった。原因の一つは文庫に付けられた「帯」の言葉のようだ。幸い僕は電子書籍だったので、この帯を拝むことは無かった。たったこれだけの違いでも読後…

担当編集者に頑張って欲しかった… 『クローバー・レイン』 大崎梢

"クローバー・レイン (一般書)" (大崎梢) う〜ん、好きだから(作家がね)及第点をあげられません。やっぱり彼女の真骨頂は短篇なんだと思う。でも作品の仕上がりは内容も含めて悪くないし、多くの人の読んでもらいたい作品でもある。でもねえ、丁寧に描いて…

僕が子供の時に欲しかった 『親子で学ぶ数学図鑑:基礎からわかるビジュアルガイ』 キャロル・ヴォーダマン

"親子で学ぶ数学図鑑:基礎からわかるビジュアルガイド" (キャロル・ヴォーダマン) この書籍は『本が好き!』から献本いただきました。 質問1 「小学生のお子さんがいらっしゃいますか?」 Yesなら次の質問に。 質問2 「お子さんは算数/数学に強くなって欲し…

山場がないのに最後まで引っ張られる魅力 『田村はまだか』 朝倉かすみ

"田村はまだか (光文社文庫)" (朝倉 かすみ) そう言えば小学校の同窓会が数年前にあったけど誘われなかったなあ。年に数回は実家に行くことはあっても同級生に会うことはない。実家に帰れば地元の人たちが行きそうな場所には足を運ぶけれど、なぜか一度も誰…

音楽の楽しみ方の変遷 Part II

そして今の話。この間もここで書いたけどMayu Wakisakaさんのライブにはちょこちょこと見に行っている。Mayuさんのライブはいつも同じメンバーで演奏している訳ではないので、その音はまさに一期一会。 今日は誕生日ライブということで渋谷の『CAFE and DIN…

音楽の楽しみ方の変遷 Part I

小学校の頃はラジカセで、中学校以降はステレオで音楽を聴くことがほとんどだった。高校になると時々コンサートにも出かけるようになり、大学〜独身社会人時代は海外からのアーティストを中心にいろいろなライブに足を運んだ。この時期にはCDも月に10〜20枚…

作品を見ながらインスパイアされて自然とシャッターを押してた『七澤菜波 墨象展「爛-RAN」ー朽ちてゆく花は妖艶なりー』

個展会場の入口に立ち、鮮やかな花を目の当たりにすると彼女らしい雰囲気が立ちこめていた。作品を一通り見て、もう一度その場所に立った時の僕の印象はこんな感じだった。色が抜けているんじゃなくて、自分の心の色を重ねる余地を残しながら作品としては完…

シリーズ最後はオールスター戦 『PRIDE-プライド 池袋ウエストゲートパーク』 石田衣良

"PRIDE(プライド) 池袋ウエストゲートパークX (文春文庫)" (石田 衣良) IWGPシリーズもこの節目の10作目でひとまず終わる。比較的コンスタントに出版されていたので感覚的にはあっという間の出来事のような印象だ。でも、細かく見るとマコトのPHSはケータイ…

強い個人の集合体が強い組織をつくる 『ビジネスマンのための「個性」育成術』 黒木靖夫

"ビジネスマンのための「個性」育成術 (生活人新書)" (黒木 靖夫) 本との出会いというのは得てしてセレンディピティなものである。「組織とその管理」というテーマは僕の中でずっとモヤモヤしたテーマで、組織の強化と個人の能力の育成がどうもうまく結びつ…

これも『水商売』か。モノの値段って難しい…

たまには本以外のことも書いておこう(メモとして)。 水の値段っていくら? この夏は暑さのせいもあって毎日500mlのペットボトルのお水を買っていた。好きな銘柄はアサヒの「バナジウム天然水」なんだけど、なぜかコンビニも自販機も「富士山のおいしい水…

涙を拭くハンカチを用意した上でお読みください! 『旅屋おかえり』 原田マハ

"旅屋おかえり" (原田 マハ) 旅に出かけて、いろいろな発見や新しい出会いに感激することがあるかも知れない。でも、きっと一番の幸せは帰ってきた時に「おかえり」って言ってくれる人がいることなんじゃないかなあ。 「元アイドル」と言っても過去を含めて…

楽しみながら学べる 『なぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かす』 エリック・カロニウス

"なぜビジョナリーには未来が見えるのか? 成功者たちの思考法を脳科学で解き明かす" (エリック・カロニウス) 普段から書店に行って、いわゆるビジネス書の棚の前にいる時間は非常に短い。仕事上で必要な本ならば、検索機で検索の上、僅か数分の内にその場所…

北森鴻の集大成 『邪馬台 蓮丈那智フィールドファイルIV』 北森鴻, 浅野里沙子

"邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉" (北森 鴻, 浅野 里沙子) 北森鴻は自らの死期を予見していたのだろうか。 サブタイトルに「蓮丈那智フィールドファイルIV」が付けられており、間違いなくシリーズの4作目だが、過去の北森作品の集大成と言える内容…

予想通り「Mayu Wakisaka」のライブは至福のひとときだった

80年代後半から90年代前半は暇さえあればCDを探しに行っていた気がする。好きなアーティストの曲はもちろん、新しいアーティストを探すのが本当に楽しかった。ジャケ買いは当たり前、プロデューサ繋がりやらレーベル縛りなど、とにかく一時期はかなりの量を…

映像と原作の両方を堪能してみる 『プラダを着た悪魔』 ローレン ワイズバーガー

"プラダを着た悪魔〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)" (ローレン ワイズバーガー) 映画は観ていたものの原作は読んでおらず、「男と女のスゴ本オフ」の時に@ogijunさんがすすめていたので読んでみた。@ogijunさん曰く、「かなり原作に忠実に映像化しているが、最後が…

お金を友だちと思ったら・・・ 『松浦弥太郎の新しいお金術』 松浦弥太郎

"松浦弥太郎の新しいお金術" (松浦 弥太郎) 約1年半前に松浦弥太郎さんの本に出会ってからというもの、密かに彼のファンで彼の著作はほとんど読み尽くしている。内容もいいんだけど、文章の調子というかやんわりとしたリズムがすごく心を落ち着かせてくれる…

もっと早くに読んでおくべきだった 『日本の米』 富山和子

"日本の米―環境と文化はかく作られた (中公新書)" (富山 和子) この本を読むきっかけは本当に偶然だった。娘の公開授業の社会の時間での先生のひと言。「どうして暖かい地方よりも寒い地方の方が米の生産量が多いのか考えてみよう」という子供たちへの問いか…

もう一度あの感動を甦らせてくれる 『夏から夏へ』 佐藤多佳子

"夏から夏へ" (佐藤 多佳子) スタブロ(スターティングブロック)をセットする。両足のブロックの位置を決めて足をのせて構えてみる。その日の調子で若干の微調整が必要。何度かスタートをきってみて、感触を確かめる。短距離走のスタート前の儀式。前の組が…

ひと言でいえば、「考えつくしているのか」がシンプルかどうか 『Think Simple -アップルを生みだす熱狂的哲学』 ケン・シーガル

"Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学" (ケン・シーガル) この本を人にすすめるのは非常に難しい。内容がダメなわけじゃなく、逆に考え方によっては素晴らしい一冊だと思う。でも、Apple好きな人や広告の仕事に携わっていない人には退屈な部分が多い…

このひと言は秀逸「人間、もう必要とされなくなった場所に居てはいけないんだよ。」 『勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4』 垣根涼介

"勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4" (垣根 涼介) 「君たちに明日はない」シリーズ最新刊は過去最高の出来だ。休養明け最初の作品である前作「張り込み姫」も満足度は高かったけど、この「勝ち逃げの女王」は著者の垣根涼介氏の「思い」がストレートに出…

せめてタイトルが違ったらまた違う印象だったかも知れない 『悪意』 東野圭吾

"悪意 (講談社文庫)" (東野 圭吾) 「xxxの記録」と書かれていると、見ただけでなんとなくそこに書かれている内容は「事実」である、そう思ってしまうことが多いのは僕に限った話ではないだろう。単に文章ではなく、その文章を「記録」という形式で書かれたも…

制約条件を利用したGTDのワークショップをやったよ at PAX Coworking

3月からお世話になっている経堂のPAX Coworkingにて2回目のGTDワークショップを開催しました。前回は平日の夜(4/26)だったので、「なかなか平日には参加できない」との声もあり、再度週末バージョンを行った次第。当然だけど、前回のワークショップのフィ…

明日からつかえるは伊達じゃない 『明日からつかえるシンプル統計学』 柏木 吉基

"明日からつかえるシンプル統計学 〜身近な事例でするする身につく最低限の知識とコツ (現場の統計学)" (柏木 吉基) 「統計」という響きは多くの人の顔を曇らせ、その一部の人からはかなり強い拒絶反応すら受けることがある。大学の時の統計学の授業でも多く…

オーディオブックはラジオドラマになるか 『池袋ウエストゲートパーク』で試してみた

小学生の頃、AMラジオで聞いた「ラジオドラマ」が今でも印象に残ってる。当然ながら映像がないので、声優さんのセリフの言い回し、語り手の口調、そして効果音を聞きながら頭の中にそのシーンをイメージした。放送波の多チャンネル化やDVDやブルーレイなど…

毒性が強いのでお気を付けて! 『電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。』 日垣隆

"電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。" (日垣 隆) 先にお知らせしておきますね。この本は毒性が強いので耐性がない人にはおすすめしません。どんな耐性が必要かというと、 書かれている内容を自分で吟味して情報の取捨選択が自分でで…

かっこよくBARで飲みたい、って人は読まない方がいい 『スタア・バーへ、ようこそ』 岸久

"スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS)" (岸 久) 僕の中では「BAR」という響きには特別なものを感じる。思春期に片岡義男の小説やエッセイにいかれていたからかも知れない。そのせいか、BARと呼ばれる場所には学生の頃から足を運んでいるのでかれこれ四…

ちょっと風変わりな写真展を見る 『Another World』 映像作家 宮崎淳の写真展

夜は東北沢の「現代HEIGHTS」で開催されている宮崎さんの写真展にお邪魔した。普段の姿は地元の飲み屋でご一緒し、その時には仕事の話はほとんどなく、おっさん二人が他愛もない話で盛り上がっている、そんな風景。なので、じっくりと宮崎さんの作品を見ら…

「帯に偽りなし」だった 『楽園のカンヴァス』 原田マハ

"楽園のカンヴァス" (原田 マハ) 手元にある第5刷の帯には絶賛の言葉が並べられている。「今年度のベスト級」や「こんな絵画ミステリーは初めてだ!」と美辞麗句のオンパレード。この本を読み終わった今の気持ちは、「これらの言葉に偽りはない」と。 著者の…

ただの復帰作じゃない、スケールアップして帰ってきた 『張り込み姫: 君たちに明日はない3』 垣根涼介

"張り込み姫: 君たちに明日はない3 (新潮文庫)" (垣根 涼介) まずこの本を読む人は先に既刊の垣根作品である『君たちに明日はない』と『借金取りの王子』を読んでから読み始めて欲しい。過去の作品の登場人物が今回の作品に登場することもあるが、それ以上…

これが本当の垣根涼介かも知れない 『人生教習所』 垣根涼介

"人生教習所 (2011-09-30T00:00:00.000)" (垣根 涼介) 垣根諒介の作品には作品の面白さだけではなく、作品に埋め込まれた彼の哲学がある。 それは彼が旅行代理店時代に多くの国々を見てきたことで、客観的な目線でこの日本を見て感じたことを彼が綴る言葉で…

究極の秘密主義が生み出すAppleという組織 『インサイド・アップル』 アダム・ラシンスキー

"インサイド・アップル" (アダム・ラシンスキー) Appleの製品やスティーブ・ジョブズについて書かれた書籍や文章はたくさんあるが、Appleという組織について情報はほとんど目にしたことがない。表面的に判断できる株式の時価総額を除けば、ジョブズの言葉以…

メールだからこそ気持ちが揺らぐころもある 『北風の吹く夜には』 ダニエル・グラッタウアー

"北風の吹く夜には" (ダニエル グラッタウアー) この書籍は『本が好き!』から献本いただきました。 メールで感情を伝えるのは難しいよね。特に恋愛感情は。キーボードから叩きながらたくさんの形容詞を駆使しても心の微妙なニュアンスはなかなか表現できな…

まるでイコライザーでどの周波数帯もプラスにしてしまっている音楽のようだ 『六つの手掛かり』 乾くるみ

"六つの手掛り (双葉文庫)" (乾 くるみ) 「ミステリー」に何を期待するか・・・トリックか、それともストーリーのロジックか。そこに正解があるわけではなく、それは読者それぞれの好みに左右されるポイントだろう。更にそれらの仕掛けが精巧に埋め込まれて…

現代版ジェームズ・ボンドを完全に描ききってる 『007 白紙委任状』 ジェフリー・ディーヴァー

"007 白紙委任状" (ジェフリー・ディーヴァー) 『007』を聞けば、おそらく多くの人は映画007シリーズのジェームズ・ボンドをイメージすることだろう。さて、その中で何人の人がイアン・フレミングの原作を読んだことがあるだろうか。なんでこんなことを書…

就活している学生だけじゃなく、若者の必読書と言ってもいい 『就活に「日経」はいらない』 成毛眞

"就活に「日経」はいらない" (成毛 眞) タイトルはキャッチーだけど、内容はいつもながらの"成毛節"炸裂。就活を通して自分自身の未来をどう考えるかが大事であって、「日経は必須」的が安易な考え方を否定しているに過ぎない。成毛さんの言葉を借りれば、 …

出だしの言葉は大事だねえ 『モップの魔女は呪文を知ってる』 近藤史恵

"モップの魔女は呪文を知ってる (実業之日本社文庫)" (近藤 史恵) 近藤史恵さんって作家として器用なひとだなあ、って思う。だって、たくさんのシリーズものを書きながら、そのシリーズのキャラを進化させてる。今回の『モップの魔女は呪文を知ってる』はタ…

石田衣良さんの読書会は超満足でした

前回の大沢在昌さんの読書会に続いて今回は石田衣良さんの読書会に参加してみた。どちらも抽選だったけど、きっと平日の夜のイベントということもあって申込する人が少なかったのでしょう。お陰でどちらのイベントにも参加でき、僕としては十二分に満喫でき…

前作よりも更にバージョンアップして登場 『ドラゴン・ティアーズ -龍涙 池袋ウエストゲートパークIV』 石田衣良

"ドラゴン・ティアーズ 龍涙―池袋ウエストゲートパーク〈9〉 (文春文庫)" (石田 衣良) ふと『池袋ウエストゲートパーク』の魅力ってなんなんだろう・・・と考えてしまった。今回の作品で九作目になるこの人気シリーズは発売されれば何の疑いもなく手に取り、…

決して広告の話ではなく、どう仕事に向き合うべきかを考えさせられる一冊だ 『デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男』 ケネス・ローマン

"デイヴィッド・オグルヴィ 広告を変えた男" (ケネス・ローマン, Kenneth Roman) この書籍は『本が好き!』から献本いただきました。 朝起きてTVのスイッチを押してもPCの電源をONにしても最初に押し寄せるのは「広告」である。電車に乗ってふと目を上げれば…